施工写真 記事を探す
更新日
公開日

瓦なのに5色を組み合わせて10%軽く葺ける小松協栄瓦「Frea」とは?

frea

近所の屋根を見上げてみてください。単色の屋根が多くありませんか?そんななか5色展開していて、豊富な色の組み合わせを楽しめる洋風瓦が「Frea」です。

小松製瓦株式会社 | 商品紹介[Frea]
http://www.komatsu-kawara.or.jp/product/index2.html

選べる5色は「メタリック」「マットブラック」「ライトブラウン」「ライトイエロー」「ライトレッド」です。マットブラックとライトブラウンが人気です。
Frea カラー

色を組み合わせるとこうなります。こちらは人気の組み合わせのライトイエローとライトレッドの施工例です。
Frea 施工例3

ライトレッドとライトブラウンを組み合わせるとこんな感じ。
Frea 施工例4

こちらは2つではなく3つの組み合わせ(ライトイエロー・ライトレッド・マットブラック)です。
Frea 施工例5

ライトブラウン単色だとこうなります。
Frea 施工例1

和モダンな住宅にあうマットブラックは、ライトブラウンと合わせて単色で人気の色。
Frea 施工例2

粘り気のある小松・加賀・能美地方の土を使い、通常よりも100度高い1200度で焼成しています。通常の瓦と曲げ強度を比べると、焼成温度の高い瓦の方が割れにくくなります。こちらは実物の約4分の1のサイズのサンプル(メタリック)です。
Frea サンプル

また上から強い力が加わるトンネルと同じ形状により、1.5mの積雪にも耐えます。しかも瓦と野地板の間に空間ができ空気が通ることで、湿気が溜まらず野地板が腐りにくくなります。
Frea サンプル2

通常の瓦は約3kgですが、「Frea」は10%軽くなり2.7kgです。家一軒で約1000枚の瓦を使うとすると、3トン軽くなる計算です。サイズは一般的な和瓦と同じ53枚判(全長305mm×全幅025mm、公差±4mm)で、3.3㎡当たり53枚必要です。

価格は3,000〜4,000円/㎡で、15年保証がついており1週間程度で納品されます。

私は瓦の色を混ぜて使うという発想がなかったので、「Frea」の組み合わせを見て驚きました。屋根瓦に色の選択肢が増えると、選ぶ楽しみが増えますね。

この建材のポイント!

こんな施主にオススメ ヨーロッパ風・和モダンの新築を建てる、雪国の人
一番の強みは? R形状で1.5mの積雪に耐え、通気性があって湿気が溜まらない
施工の強みは? 和瓦と同じ寸法で、平板の葺き替えと違い下地を変えなくてよい

編集部レビュー

リフォーム・リノベ度 ★★★★☆ 4.0
DIY度 ★☆☆☆☆ 1.0
新築おすすめ度 ★★★★☆ 4.0
補助金もらえる度 ★☆☆☆☆ 1.0
今回ご紹介した建材メーカー
小松協栄瓦株式会社
〒923-0061 石川県小松市国府台5丁目29-1
TEL0761-47-2219
FAX0761-47-0004
※ お問い合わせの際は「建材ダイジェストを見た」とお伝えいただければ幸いです。
WEBhttp://www.komatsu-kawara.or.jp/
グッチー・ヒゲ

グッチー・ヒゲ三等兵

1983年11月4日生まれ。福井県出身。 2016年3月にライターとして入社。オタク趣味と建材の合わせ技でデザインと機能を分析して記事を書いていきます。
グッチー・ヒゲのプロフィール
日本一ニッチな建材屋、カントリーベース

最近の記事