施工写真 記事を探す
更新日
公開日

「ZIPrail®」は何が新しいのか?4種類の可動式間仕切りを比較

開放感とつながりを持たせつつ、室内を分けることができる間仕切り。今回は、その間仕切り、特に仕切りをつくる・取り払うが容易な「可動式間仕切り」に焦点を当てて比較していきます。

可動式間仕切りには、主に「カーテン」「自立パーテーション」「ロールスクリーン」などがあり、手軽に取り入れられる間仕切りとしてメジャーなツールです。今回はそこに、アプリ「CLASS1 ARCHITECT PORTAL」で販売している極薄間仕切りレール「ZIPrail®」を加え、「可動式間仕切り」のそれぞれのメリット・デメリットを比較していきます。

※サービスの利用には、アプリ「CLASS1 ARCHITECT PORTAL」のインストールが必要です。

カーテン:生活感と優しい印象を与える間仕切り


引用元:RoomClip

カーテンの素材を工夫すれば、仕切りながらも奥との繋がりを感じられる優しい空間に。


引用元:SUVACO

隠したいプライベートなスペースも、サッと素早く目隠しできます。

メリット

仕切りの開け閉めが簡単

デメリット

ひだができるため、見た目のスッキリ感は低い

間仕切りカーテンの特徴としては、仕切りの開け閉めの容易さ。一般家庭に最もなじみが深いカーテンはお家に取り入れる際も躊躇なく、心理的負担も小さいです。一方でひだができるために、生活感が出てしまうのも特徴。優しい印象を与えたい空間におすすめです。

自立式パーテーション:空間をしっかり仕切る


引用元:AliExpress

蛇腹形で生まれたスペースを上手く活用して小物の飾り棚にも。


引用元:楽天

安定感を活かして、物を吊ることもできます。収納面でも役割を果たす間仕切りに。

メリット

  • 機能性が高い
  • 施工の必要が無く、置くだけで仕切りができる

デメリット

衝突したり、倒れたりする安全面での注意

空間をしっかり分けたい、という場合は自立式パーテーション。カーテンやロールスクリーンと違って素早く開け閉めするものではありませんが、しっかりと空間を分けられる安心感があります。また、仕切りに付随された機能性も特徴。衣服や小物を収納・掛けたり、マグネットを付けることができたりなど、ただ仕切るだけでは留まらず様々な役割を持っています。

ロールスクリーン:使わないときも生地をスッキリと隠せる


引用元:SUVACO

障子のような質感や簾風のロールスクリーンもあり、布に限定されない自由度の高さにも注目です。


引用元:RoomClip

壁とフラットになり、スッキリと見せられる点が大きなポイント。また、上下に開閉するため階段などの横幅の狭い場所で活躍します。

メリット

ひだが無く、すっきりとした見た目になる。巻き取ることで完全に生地を隠すことができる。

デメリット

  • 上まで巻き上げる場合、時間がかかる
  • 直線の間仕切りに限られる

ロールスクリーンのメリットは、なんといってもその無駄のない形状。カーテンや自立式のパーテーションと違い、巻き取ることで完全に生地を隠すことができます。一方で、カーテンほど素早く開け閉めできないため、頻繁に仕切りを閉じる・開ける場所にはあまり向きません。

ZIPrail®:好みの間仕切りにカスタマイズできる

空間に合ったお好みの生地を取り付けられる、カスタマイズ性の高さが特徴。レールにファスナーを通す仕様のため、ファスナーを取り替えれば違うデザインの生地を吊るすことができます。

フラットなスクリーンのため、スペースを取らずに仕切ることができます。飲食店に使用することで、通路からの目隠しとほどよい開放感を与えます。

メリット

  • 取り付け部材が目立たない
  • ひだがなくスッキリしている
  • あらゆる物を吊るすことができ、カスタマイズ性が高い

デメリット

  • 曲線の間仕切りがつくれない
  • 非使用時は完全に生地を隠すことができない

そして今回、新たな間仕切りとして、「CLASS1 ARCHITECT PORTAL」で販売されたのが「ZIPrail®」です。厚み15mm、幅40mmの非常にコンパクトなレールに、お好きな生地を吊るして間仕切りにできる製品。

完全に生地を隠すことはできませんが、レール部分は存在感を感じさせないほど。また、生地にひだもできないため見た目もスッキリと納まります。日本人に馴染み深い「襖」のような間仕切りが、好きな生地でつくれるイメージです。

4種類の間仕切りの特徴まとめ

それぞれのメリット・デメリットから、特徴を纏めました。ZIPrail®は、ロールスクリーンのスッキリとした見た目と、カーテンの操作の手軽さが合わせられた製品と言えます。

間仕切りカーテン 自立式パーテーション ロールスクリーン ZIPrail®
場所の制限
特になし

平面・安定した床に限られる

直線の間仕切りに限られる

直線の間仕切りに限られる
機能性
遮光・暖房効率の向上

収納やマグネットなど様々な機能性を与えられる

遮光・暖房効率の向上

吊るす生地によって様々な機能を与えられる
見た目のスッキリさ
カーテンのひだが存在感を主張

しっかりと存在感のあるデザイン

完全に生地を巻き取ることができるシンプルな納まり

生地にひだができず、シンプルでスタイリッシュな納まり
動作性
サッと手軽に動かせる

頻繁に動かす場所には向かない

上まで巻き上げるのはやや手間になる。

サッと手軽に動かせる

今回紹介した「ZIPrail®」はアプリ「CLASS1 ARCHITECT PORTAL」の「SELECT」コーナーで販売しています。また、「ZIPrail®」にスクリーンを付属した「ZIPrail® Screen」という商品は、建築家・小堀哲夫氏のおすすめ建材として「ARCHITECT」コーナーで紹介されています。下のバナーからぜひご覧ください。

マンガで学べる建築用語