施工写真 記事を探す
更新日
公開日

柿渋効果で1年経つたび喜びふえる中西木材「ふくゆか」

ふくゆか

素材そのもの杉の経年変化に加え、自然塗料の柿渋による経年変化を楽しめるフローリングが「ふくゆか」です。

森林価値創造企業 中西木材グループ
http://www.n-wood.co.jp/fukuyuka/

1. 「ふくゆか」は表面を圧密して、杉が柔らかい弱点を補っている

「ふくゆか」は杉の柔らかくキズが付きやすい点を、圧密処理という技術で補いました。

1-1. 圧密処理

フローリングの表と裏をローラーで約1ミリ圧密し、表面の硬さを桧と同程度にしています。これにより杉の温かさ・足触りの良さはそのままに、耐久性が上がっています。こちらは圧密する機械に入れているところです。

こちらは圧密され機械から出てきたふくゆか。熱を加えて圧密しているので、湯気がでています。

圧密により木目が浮き出て、強調される効果もあります。木目の部分が出っぱって、それ以外の部分が凹んでいるので表面に凹凸ができます。足をのせるとフローリングとの間に空気層ができるので、より温かさを感じられるようになっています。
ふくゆか 表面の凸凹

1-2. 伝統塗料「柿渋」

木を保護する塗料は柿渋が使われています。渋柿を絞った汁を発酵・熟成させて作られる、柿タンニンをたっぷり含んだ100%天然素材の塗料です。10世紀頃(平安時代)から染料・塗料として使われている、日本古来のものでもあります。化学物質が原因となるシックハウスの心配がないどころか、原因物質を吸着してくれる効果があります。

柔らかく液体が染み込みやすい杉に、この柿渋塗料をたっぷり含ませています。柿渋は深みのある色が特徴で、年月とともに味わい深い色に変化します。下の写真は左から「塗る前のふくゆか」「塗った直後のふくゆか」「塗装後約1年後のふくゆか」「塗装後1年以上経ったふくゆか」です。
色が変化するふくゆか

2. カラーラインナップは4色

「ふくゆか」は4色展開していて、「柿渋」「柿渋色」「かき色」「古代色」があります。
ふくゆか カラーサンプル

3. 「柿渋」「柿渋色」の施工例

ふくゆかが使われる量は10〜20坪(約33㎡〜66㎡)が多いとのこと。「柿渋」「柿渋色」の施工例を見ていきましょう。

3-1. 柿渋の施工例

薪ストーブのあるリビングへ柿渋を施工した例です。
ふくゆか 施工例2

こちらは大きな掃き出し窓があるリビングに使われている例です。日光の当たり具合による違いか、同じ柿渋でもこちらは明るい色に見えます。
ふくゆか 施工例3

学校・保育園・福祉施設でも使えます。
ふくゆか 施工例1

3-2. 柿渋色の施工例

柿渋より茶色味の濃い柿渋色の施工写真がこちら。
ふくゆか 施工例4

4. エンドマッチ加工で目違いを防げる

通常フローリングは横(長い部分)の側面にしか、実(さね)加工という繋ぎ合わせるための加工がされていません。ふくゆかはオプションで、縦と横4つの側面全てに実を作るエンドマッチ加工に対応しています。

エンドマッチ加工のメリットは、職人にとっては作業がしやくすお施主さんにとっては反り・ねじれ・目違いを防止できることです。目違いとはフローリングの繋ぎ目に段差ができることを言います。無垢材は湿気が多いと吸って膨張し、乾燥していると湿気を放出して収縮します。繋ぎ合わされた実がフローリングを奇麗に整列させ、木の膨張・収縮で動くのを防いでくれます。

5. 価格

サイズは4種類あり、それぞれに4色あるので計16種類です。長さ3950ミリ×幅105ミリ×厚み15ミリサイズのふくゆか(設計価格23,000円)にエンドマッチ加工をすると、長さ1820ミリ×幅105ミリ×厚み15ミリになりますが価格はそのまま23,000円です。

オンラインショップの「nicomoco」からお問い合わせ・購入ができます。

樹種 品番 設計価格(束) 長さ(mm)×巾(mm)×厚み(mm) 入数(枚)
FL-3950-105 23,000円 3950 × 105 × 15 8
上小節
FL-3950-90 21,500円 3950 × 90 × 15 9
上小節
FL-1950-105 20,000円 1950 × 105 × 15 16
上小節
FL-1950-90 18,000円 1950 × 90 × 15 18
上小節

※エンドマッチ加工はされていません

6. まとめ

実際ふくゆかの上を歩いてみました。靴下の上からでも足触りがよく、そのあと合板歩くとひや~っと冷たく感じました。木目も足裏から感じられ、それがまた温かくやわらかいのです。スリッパ脱いで裸足で駆け出したくなる床です。柿渋も自然素材なので安心です。

「ふくゆか」のまとめ

  • 圧密処理で杉の表面を桧と同程度まで硬くしている
  • 日本伝統の柿渋が化学物質を吸着してくれるからシックハウス対策になる
  • 「柿渋」「柿渋色」「かき色」「古代色」の4色展開
  • 長さが3950ミリと1950ミリの2種類、幅が105ミリと90ミリの2種類で、合わせて4種類
  • オプションでエンドマッチ加工がある
  • 設計価格は18,000円から
  • オンラインショップ「nicomoco」から買える

この建材のポイント!

こんな施主にオススメ リビングでは裸足ですごしたい人
一番の強みは? 圧密加工で杉表面を硬くし、床材として利用しやすい
施工の強みは? オプションのエンドマッチ加工で目違いを防止できる

編集部レビュー

リフォーム・リノベ度 ★★★☆☆ 3.0
DIY度 ★★☆☆☆ 2.0
新築おすすめ度 ★★★★☆ 4.0
補助金もらえる度 ★★☆☆☆ 2.0
今回ご紹介した建材メーカー
中西木材株式会社
〒915-0801 福井県越前市家久町63-11-1
TEL0778-23-2233
FAX0778-24-2234
※ お問い合わせの際は「建材ダイジェストを見た」とお伝えいただければ幸いです。
WEBhttp://www.n-wood.co.jp/
グッチー・ヒゲ

グッチー・ヒゲ三等兵

1983年11月4日生まれ。福井県出身。 2016年3月にライターとして入社。オタク趣味と建材の合わせ技でデザインと機能を分析して記事を書いていきます。
グッチー・ヒゲのプロフィール

最近の記事