施工写真 記事を探す
更新日
公開日

玄関アプローチをDIYできる木製タイル「ブロッキー」は30年腐らないしシロアリも喰わない

木のぬくもりを感じる天然木材を玄関アプローチにDIYする人が増えています。その反面、木は腐ったりシロアリに喰われたりする弱点もあるのですが、そんななか30年腐らずシロアリも喰わない木製タイル「ブロッキー」が長野県に存在しています。

木製エクステリア|株式会社テオリアランバーテック
http://www.teoria-lumbertech.com/service/wooddeck/

ブロッキーを作っているのは長野県松本市の「株式会社テオリアランバーテック」です。長野県南信州の間伐材(ヒノキと杉)を有効活用してブロッキーを製造開発しています。縦120ミリ×横240ミリの木板2枚を交差しビス留めしています。耐摩耗性が高いヒノキを上に、杉を下に使っています。
木製タイル

すべりどめ対策として45度の溝角度で彫りこみし、転びにくくケガしにくくしています。
ブロッキー 小口

裏面はこんな感じにビス留めです。
ブロッキー裏

これらをひとつずつ組み合わせていくと…

こんな感じにかみ合います。
img_9034_r

裏面はこんな感じ。
img_9035_r

施工はインターロッキングブロックのように砕石を敷きます。嵌合構造のため、敷き方はおおまかでOK。起伏や勾配があっても自然とまっすぐになります。目地材も不要なので草も生えません。
ブロッキー施工

へりが木でできるのもメリットで、ビス留めできるためバラけません。
ブロッキー ビス留め

石との取り合い部はボンドでOK。製品寸法は120 × 240 × 60tで設計価格は28,000円/㎡,36個(税抜)。
ブロッキー

こうして完成した松本駅には約4年前に施工された16,000個のブロッキーが敷き詰められています。
ブロッキー松本駅前
p1140228_r

水飲み場の周りにも敷かれていますが、特に腐ったりカビが生えている様子はありません。
p1140208_r
p1140210_r

南信州は冷えるため木の成長も遅い分、目の詰まった強い木材になります。冷える割に雪は少ないので、手入れのしやすさもあり節に穴が空く死に節が少ないのも特長。
p1140101_r

製材後はあえて約80℃の中温乾燥(通常は+40℃の120℃乾燥)にしています。その理由は腐らずシロアリにも喰われないよう薬剤を木材に加圧注入しやすくするからです。主成分はACQ(銅と塩化ベンザルコニウム。歯磨き粉に含まれる消毒剤)。
p1140160_r

出たばかりの状態はこんな感じ。
ブロッキー 加圧注入済み

「長野県は全国4位の森林蓄積県でありながら、生産高は下から3番目。山をこのままに(=針葉樹だらけ)しておくから土石流が起きるし、獣もおりてきます。過去の経緯から素材生産が進まない歴史はあったものの、特長ある木材をうちだしていきたいと考えています。玄関アプローチの土が靴についてくるのが気になっていたり、目地から生える草が手間だと感じている方に特におすすめです。」とテオリアランバーテックの丸山専務は言います。

10月24日に発表された「ウッドデザイン賞2016」を受賞。審査委員は建築家の隈研吾氏、プロダクトデザイナーの益田文和氏、アーティストの日比野克彦氏らでこれまで捨てられていた信州間伐材を30年もつ&塗装不要のエクステリア用木製タイルとして蘇られたアイディアが評価されています。

DIYerはじめ、エクステリア業者もこれから活用できる建材ではないでしょうか。

この建材のポイント!

こんな施主にオススメ 玄関アプローチに木のぬくもりを感じたい
一番の強みは? 木なのに腐らず30年もつ
施工の強みは? 砕石の敷き方はおおまかでOK

編集部レビュー

リフォーム・リノベ度 ★★★★☆ 4.0
DIY度 ★★★★★ 5.0
新築おすすめ度 ★★★☆☆ 3.0
補助金もらえる度 ★★☆☆☆ 2.0
今回ご紹介した建材メーカー
株式会社テオリアランバーテック
〒399-0033 長野県松本市笹賀7189-2
TEL0120-552-643
FAX0263-86-3775
※ お問い合わせの際は「建材ダイジェストを見た」とお伝えいただければ幸いです。
WEBhttp://www.teoria-lumbertech.com/
武澤 拓也

武澤 拓也編集長

1985年8月2日生まれ。福井県出身。 電子部品メーカーの経理、Web制作会社の営業を経て、2016年12月より現職にてWebメディアを運営。建材をどこよりもわかりやすく伝えます。
武澤 拓也のプロフィール

こちらの記事もおすすめです。

最近の記事

  1. 2017.10.21
  2. 2017.10.19
  3. 2017.10.17
  4. 2017.10.16
  5. 2017.10.15
  6. 2017.10.14
  7. 2017.10.13
  8. 2017.10.10
  9. 2017.10.08
  10. 2017.10.07