施工写真 記事を探す
更新日
公開日

サンプルを使って実験!! 第三の床材「ロボフロアー」

第三の床材ロボフロアーのサンプル写真

「デザイン性、安全性」と「耐久性・メンテナンス性」、通常はどちらかの取捨選択になったり、バランスを取った選択をするでしょう。
ですがそのどちらをも兼ね備えた第三の床材「ロボフロアー」。
サンプルを使ってその性能を明らかにしてみましょう。

ためして分かった!ロボフロアーの性能!!

第三の床材、ロボフロアーの構造断面図上図は、「ロボフロアー」がなぜ水洗いが出来るのに耐久性の高さを実現出来たかの説明ですね。
しかし難しい言葉がいっぱいでよくわからん!

という訳で、サンプルが手元にあるので実験をしてみました。

1.耐摩擦性

500円玉でロボフロアーを擦ってみる実験写真 触ってみた感じですが、ケバケバしていて五厘刈りの頭を触った時のようなそれよりはやわらかいような感じでした。
この毛が抜けるんじゃないかと心配です。
が、500円玉で擦ってみても痕がつく様なことはありませんでした。

500円玉で擦ってみた後のロボフロアーの写真もちろん、ケバケバの毛が剥がれ落ちるなんてこともありませんでした。じょうぶ!

2.防水性

ロボフロアーに液体をこぼして防水性の実験をしている写真説明を読むと、裏まで水が浸み込まないとの事。
なので、水をかけようと思いましたが、この後牛乳をこぼして洗ってみる実験をするので、こっちも牛乳をかけてみました。

裏まで水が浸み込んでないロボフロアーの断面写真断面の写真。
写真では分かりにくですが、裏まで浸み込むことはなく、少しひんやりしたくらいでした。

3.メンテナンス性

ロボフロアーを水で洗っている写真カーペットの洗浄方法である「シャンプークリーニング」など、水を使うメンテナンスが可能との事。
さすがにポリッシャーはありませんが、実際に汚して洗ってみました。
まずは先程牛乳をこぼしたサンプルを水洗い。

水洗いしたあとの湿ったロボフロアーの写真擦らなくても水だけで牛乳を洗い流せました。
もちろん裏まで水が浸み込むこともありません。
ただ、水をしっかり拭き取るのはかなり難しく、30分から1時間ほどは湿った状態でした。
洗ったカーペットを乾かす時間に比べたら、1時間で乾くのは圧倒的に早いですね。
もう一度牛乳をこぼしてみてロボフロアーのメンテナンス性の実験をしている写真実際には水を撒いて洗うなんて事はあまりしないでしょうから、もう一度牛乳をこぼし、今度はティッシュペーパーで拭き取ってみました。
結構な量をこぼしてしまった設定ですね。
ロボフロアーにこぼした牛乳をティッシュで拭き取っている写真ティッシュだけで簡単に拭き取れたー!
触った感じも乾いていて、ティッシュだけで完全に拭き取れたように見えます。
牛乳をキレイに拭き取れたロボフロアーの写真 やわらかく、何かこぼしても簡単に拭き取れる。
お子さんのいるご家庭にはぴったりではないでしょうか。

ロボフロアー仕様

シート仕様(Naturals) タイル仕様
組成(パイル) ナイロン100% ナイロン100%
基布 グラスファイバー グラスファイバー
パッキング P.V.C P.V.C
ロールサイズ / サイズ 200cm × 30m乱(60m2) 50cm × 50cm
パイル長 2.0mm 2.0mm
パイル密度 約7,000万本以上 / m2 約7,000万本以上 / m2
全厚 4.3mm 5.3mm
重量 1.8kg / m2 4.5kg / m2
防炎性能試験番号 EN080066 E2140288
制電性 人体帯電圧0.4kV以下(合成ゴム底靴)
(JIS L 1021 23±1℃ 25±2%RH)
人体帯電圧0.4kV以下(合成ゴム底靴)
(JIS L 1021 23±1℃ 25±2%RH)
ホルムアルデヒド対策 F☆☆☆☆(認証番号 J08-50015) F☆☆☆☆(認証番号 J14-31017)
価格 8,900円 / m2(税別) 9,600円 / m2(税別)
※ロボフロアーにはシートとタイルの2種があります。

アスワン株式会社 第三の床材『ロボフロアー』 → http://www.aswan.co.jp/home/commodity/commodity_026.html

今回ご紹介した建材メーカー
アスワン株式会社
〒550-0015 大阪市西区南堀江1丁目11番1号
TEL06-6532-0171
FAX06-6532-0178
※ お問い合わせの際は「建材ダイジェストを見た」とお伝えいただければ幸いです。
WEBhttp://www.aswan.co.jp/
グッチー・ヒゲ

グッチー・ヒゲ三等兵

1983年11月4日生まれ。福井県出身。 2016年3月にライターとして入社。オタク趣味と建材の合わせ技でデザインと機能を分析して記事を書いていきます。
グッチー・ヒゲのプロフィール
日本一ニッチな建材屋、カントリーベース

最近の記事