施工写真 記事を探す
更新日
公開日

「核シェルターが欲しい」に工務店が応えるための基礎知識まとめ…?

シェルターまとめアイキャッチ

近年、自然災害が多発しており、近隣国の動向も不気味な感じ。
そんな世情を受けて今後、「核シェルター」の需要が急増!……するかもしれません。

そこで、今回は「もし、核シェルターを造るとしたら?」というテーマでご紹介します。

そもそも核シェルターと呼ばれる為に必要な設備は?

シェルターイメージ画像
核シェルターとは言っても、核兵器に対してのみ有効な設備ではありません。
生物兵器や化学兵器、自然災害からも身を守れる空間です。

ですので、最低でも
・耐爆扉
・耐圧扉
・非常口
・換気装置
・気圧調整弁
が必要です。
それに避難中の居住性を高める設備が追加されます。

対応した設備を探すのに一苦労

・耐爆扉/耐圧扉/非常口

特殊扉
もっとも調達の難しいのが扉でしょう。
なんとか見つけたのが「株式会社クマヒラ」(東京都中央区)さんの特殊扉。

オーダーメイドなので価格はわかりません。

株式会社クマヒラ 特殊扉のページ → http://www.kumahira.co.jp/products/equipment/shield/

・換気装置

換気装置
換気装置はシェルタープランニング(大阪府大阪市)さんから「家庭用核シェルター(空気ろ過機)」があります。
価格は180万円から。

シェルタープランニング 家庭用核シェルター(空気ろ過機)のページ → http://www.shelter-plannning.com/%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E7%94%A8%E6%A0%B8%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%81%AF/

・気圧調整弁

気圧調整弁
排気弁や気圧バルブ等とも言うのでしょうか?
用途が違いますが、調べた中ではタキゲン製造株式会社(東京都品川区)さんの「ベンチレーター(気圧調整弁)」が使えるかもしれません。
単価は6,000円。

タキゲン製造株式会社 ベンチレーター(気圧調整弁)のページ → https://www.takigen.co.jp/jp/contents/eyesearch/detail.do?name=65100

あとは普通の地下室施工と同じ!

コンクリート工事
設備の手配が出来ればあとはそう難しいことは無いかと思います。

コンクリートは厚ければ厚いほど放射線を弱められますが、通常の20センチから30センチあれば十分でしょう。
深さも同じです。
土の層が厚ければ厚いほど放射線を弱められます。

ここで全部揃う!でも利用制限が…

セキュリコHP

調べていると、必要な設備一式が全て揃う会社がありました。
こちらの「株式会社セキュリコ」(東京都港区)さんです。
ただし、「公官庁もしくは重要施設の保安担当者であることの証明」が求められていました。

政府高官等、社会的ステータスが高い人々向けのサービスのようで、一般の人は利用できなさそう。

最高級グレード地下室「核シェルター」はハードルも最高級!?

高級核シェルター
地下室の最高グレードとして「核シェルター」を思い浮かべ調べてみました。
核に耐えられるなら他の自然災害にも十分耐えられるからです。
ですが調べてみると、想像以上にハードルが高そうです。

しかしもし、「核シェルターも造れる」となると、大きなアピールになるのではないでしょうか?

普通の地下室の要望・需要はあります。
なので扉や換気装置は気密性の高いものを選択すれば、十分シェルターとしても機能する空間になるでしょう。

グッチー・ヒゲ

グッチー・ヒゲ三等兵

1983年11月4日生まれ。福井県出身。 2016年3月にライターとして入社。オタク趣味と建材の合わせ技でデザインと機能を分析して記事を書いていきます。
グッチー・ヒゲのプロフィール
第1回高性能建材EXPO

最近の記事