施工写真 記事を探す
公開日

間仕切りにも大活躍!おしゃれなガラス「MASTERGLASS」とは?

こんにちは。新入社員のなっちゃんです!

子どもの頃はこども部屋を兄弟・姉妹で使っていたけれど、大人になって部屋をわけたいな~って思うことありませんか?
でも完全に壁をつくると一部屋が狭くなるし、コストもかかる。仲のいい兄弟・姉妹であれば、部屋をわけたいと思うことはあるれけど、完全にわかれるのはちょっと寂しいってなりますよね。

そんな時に便利なのが“間仕切り”。

今回はそんな間仕切りにもつかえる“おしゃれなヨーロッパデザインガラスをご紹介します!

おしゃれな7つのデザインから選べるMASTERシリーズ

1. MASTER-SOFT(マスターソフト)


こちらは20mmほどのひし形模様が並んだデザイン。光を透過しつつも高い目隠し効果があるため人気があります!

  • 参考価格:幅200mm×高さ300×厚み4mmで1,918円(税別)~
  • 最大サイズ:幅1,600mm×高さ2,400mm

※価格・サイズはいずれもデザインガラス.COM参照。

2. MASTER-LIGNE(マスターライン)


落ち着いたシンプルな型板ガラスに20mm間隔に2mmのラインが入ったデザインです。ストライプ柄なのでスマートな印象。

  • 参考価格:幅200mm×高さ300mm×厚み4mmで1,780円(税別)~
  • 最大サイズ:幅1,600mm×2,400mm

3. MASTER-POINT(マスターポイント)


こちらは細かい凹凸があり、少しざらっとした感触。他のデザインと比べるとガラスの向こう側が見えにくく、プライバシー対策にオススメです!

  • 参考価格:幅200mm×高さ300mm×厚み4mmで1,780円(税別)~
  • 最大サイズ:幅1,600mm×高さ2,400mm(※厚みは4mm以外に6mmがあります)

4. MASTER-CARRE(マスターカレ)


「CARRE」はフランス語で「四角」という意味です。6mm間隔で細かい四角のドット柄が並んでいて可愛らしい印象。少し透けやすいガラスなので、モダンな食器棚とかにも使えそうですね。

  • 参考価格:幅200mm×高さ300mm×厚み4mmで1,780円(税別)~
  • 最大サイズ:幅1,600mm×高さ2,400mm

5. MASTER-RAY(マスターレイ)


等間隔に縦のラインが並んだデザインです。柄は突起状で光が当たると光線状に反射するので見た目にもユニーク。

  • 参考価格:幅200mm×高さ300mm×厚み4mmで1,780円(税別)~
  • 最大サイズ:幅1,600×2,400mm

6. MASTER-LENS(マスターレンズ)


こちらは幾何学的にドットが並んだデザイン。比較的透けにくい凹凸のあるガラスが使用されています。こちらはレトロな食器棚とかに合いそうですね!

  • 参考価格:幅200mm×高さ300mm×厚み4mmで1,780円(税別)~
  • 最大サイズ:幅1,600mm×高さ2,400mm

7. MASTER-SHINE(マスターシャイン)

約3mm間隔に丸いドットが並んだデザイン。「マスターカレ」とよく似ていますがドットの形が「丸」なんです。照明が透けて見えると明るくておしゃれな雰囲気になります♪

  • 参考価格:幅200mm×高さ300mm×厚み4mmで1,918円(税別)~
  • 最大サイズ:2,520mm×高さ1,905mm

イチ押し!人気の「マスターソフト」~施工事例~

ここからは実際にマスターガラスがどんな使い方をされているのかご紹介します!使用されているガラスはMASTERシリーズの中でもとくに人気の「マスターソフト」。

1.間仕切りにマスターソフトを使用した例


1つ目の事例は間仕切りに使用した例です。ガラスの間仕切りは圧迫感を感じることなくプライバシー確保ができるのでオススメ!

写真くらいの大きさだと、ロングテーブルを2人で並んで使用する場合、間にちょっとした仕切りがほしいという時に便利。もう少しガラスの幅を長くすると、キッチンの目隠やレストランなどの飲食店で隣の席との仕切り上部に取り付けることも可能です。

2.扉にマスターソフトを使用した例


間仕切り以外にもこんな使い方があります。2つ目の事例は工房の扉に使用されている例。モザイク柄で室内の様子はわからず、居住者のプライバシーを確保できています。


こちらは室内から見た様子。外には人が立っていますが顔はよくわかりませんね~。室内に明かりを取り込みプライバシー確保もできる一石二鳥のガラスです。人通りの多い道路に面した引き戸や窓にピッタリ!

3.カフェの窓ガラスにマスターソフトを使用した例


3つ目の事例はカフェの正面の窓に使用されている例です。室内のオレンジの灯りがガラスからほんのりもれて温かみを感じます。


室内から見るとこんな感じです。天井側と床側に「マスターソフト」をアクセントとして使用。

カフェの窓側の席って外の景色が見えたり、暖かい光が差し込んだりして気持ちがいいんですけど、外にいる人に足元が見えるのって嫌じゃありませんか?
こんなふうに施工すると外からは店内の様子をうかがえて、お客さんも快適に休めそうです。自宅の窓やパーテーションにつかうときの参考にしてみてください!

まとめ

今回ご紹介した「MASTERGLASS」はフランスのガラスメーカー・サンゴバン株式会社の商品。

つかう用途によって、アンティーク・レトロ・モダンのどの雰囲気も合うガラスです。家具・インテリア・内装にいかがでしょうか?

サンゴバン・ジャパン
http://www.saint-gobain.co.jp/

デザインガラス.COM
https://www.des-glass.com/index.php

この建材のポイント!

こんな方にオススメ 圧迫感を感じることなくプライバシーを確保できるちょっとした仕切りがほしいという方!
一番の強みは? おしゃれなガラスで光を取り込みながらもプライバシーを確保できる!
施工の強みは? オーダーメイドできる!

編集部レビュー

リフォーム・リノベ度 ★★★★☆ 4.0
DIY度 ★★★☆☆ 3.0
新築おすすめ度 ★★★☆☆ 3.0
補助金もらえる度 ★☆☆☆☆ 1.0
北島なつみ

北島なつみ新人建材ライター

1992年6月3日生まれ。福井県出身。 2017年4月入社。女性の視点を大切に「伝えるプロ」を目指して頑張ります。
北島なつみのプロフィール

最近の記事