施工写真 記事を探す
公開日

建築家 畝森泰行氏がセレクトした、クリエーション バウマンの機能カーテン4種類を紹介

「CLASS1 ARCHITECT Vol.07」に掲載した、「須賀川市民交流センター tette」で使用されたカーテンの紹介記事はもう読みましたか?
今回は、「CLASS1 ARCHITECT Vol.07」で畝森泰行氏が紹介したクリエーション バウマン ジャパン株式会社のカーテンを深掘りします。

「CLASS1 ARCHITECT Vol.07」では、遮音カーテンである「SHADOW Ⅳ」と吸音カーテンである「BETACOUSTIC」を紹介しましたが、畝森氏は別の2種類のカーテンもおすすめ建材として紹介していました。この記事では誌面に載せられなかった2種類のカーテンを含め、計4つのカーテンの性能や見え方をより深くご紹介していきます。

畝森氏によるカーテンのレビューを見る

※アプリ「CLASS1 ARCHITECT PORTAL」のインストールが必要です。

畝森氏が使用した4種類のカーテン

畝森氏が実際に使用した色・種類のサンプルがこちらです。

  SHADOW Ⅳ
STEEL BASE(CLASS1 ARCHITECT未掲載)
③④ BETACOUSTIC
⑤⑥⑦ SECRET(CLASS1 ARCHITECT未掲載)

遮熱カーテン

まず遮熱カーテンとして紹介されたのが、「SHADOW Ⅳ」「STEEL BASE」です。
今では建築、特に高層マンションなどにガラスが多用されています。透明性のあるガラスはスッキリとした景観を見せてくれますが、同時に遮熱の配慮は欠かせません。透け感のある遮光カーテンは、景観の良さを保ったまま遮熱ができる建材として畝森氏も注目しています。

「SHADOW Ⅳ」

カラーNo.174※実際に使用したのは、カラーNo.172

SHADOW ⅣはVol.07でも紹介した遮熱商品。レース生地の裏面にアルミを蒸着でコーティングしており、外からの光や熱、紫外線をカットする効果を持ちます。

遮熱性能は後に紹介する「STEEL BASE」よりも優れているぶん、単位面積あたりの価格がやや高くなります。また、「STEEL BASE」よりもカラーバリエーションが豊富で、様々な色彩を備えています。

遮熱性能

透け感を持ちながらも、色によっては86~91%熱をカットする性能があります。
(※)吸音率は0.2αwです。

※試料に入射した音のエネルギーのうち、反射しなかった音のエネルギーが占める比率のことをいいます。 0~1までの値をとり、値が大きいほど吸音性能が高いです。

価格

21,000円/m(幅220cm)

tetteで使用された場所

図書館フロアに使用

「STEEL BASE」

カラーNo.59

STEEL BASEはSHADOW Ⅳと同じく、レース生地の遮熱カーテン。こちらはアルミではなくスチールをスパッタリング加工しており、外からの光や熱、紫外線をカットします。

カラーはグレー調の4色。SHADOW Ⅳよりも透け感が強く圧迫感を感じさせません。

遮熱性能

レースの遮熱生地で、色によって57%~62%の熱をカットします。

価格

22,900円/m(幅300cm)

tetteで使用された場所

tetteでは一階のtette通りに使用されているほか、畝森氏の事務所内でも使われています。

吸音カーテン

吸音カーテンとして紹介されたのが、「BETACOUSIC」「SECRET」です。従来、吸音といえばパネルやシャワーカーテンのような硬い素材しかなかったなか、このふたつは「やわらかな素材の吸音カーテン」として実績を重ねていきました。

「BETACOUSTIC」


カラーNo.11、16

Vol.07でも紹介したBETACOUSTICは、透け感のある吸音生地。吸音生地のための特別に開発した透明糸を織り込み、表面に凹凸でボリュームを出す特殊な織り方で吸音効果を発揮します。
グレー調の様々なニュアンスの色を8種類揃えています。

吸音性能

吸音率0.65αw

価格

25,000円/m(幅300cm)

tetteで使用された場所

バンド演奏・楽器練習などを行うガラス張りの音楽スタジオ

「SECRET」


カラーNo.405、415、419

SECRETは、リネン(亜麻)のような質感の遮光・吸音生地。

面によって質感が異なり、片面がリネンのマットな肌触り、もう片面がさらさらと滑らかな肌触りになっています。
カラーバリエーションも21色と豊富。グレーだけでなく、落ち着いたトーンの赤色、緑色、青色など様々な色が選択できます。

吸音性能

吸音率0.85αw

価格

20,200円/m(幅300cm)

tetteで使用された場所

吸音・遮光ができる機能性を活かし、

  • 講演会、展示会、映画上映などを行う「でんぜんホール」
  • こどもライブラリーの「読み聞かせコーナー」

に使用されています。

公開中の「CLASS1 ARCHITECT Vol.07」で、畝森氏のレビューをチェックしませんか?

遮光・遮熱・吸音の機能性を備えるクリエーションバウマンのカーテンは、特にオフィスや公共施設での問い合わせが多くなっています。「CLASS1 ARCHITECT Vol.07」をまだご覧になっていない方、畝森氏が使用したクリエーションバウマンのカーテンが気になる方は、まず「CLASS1 ARCHITECT Vol.07」の記事を一度チェックしてみませんか?

畝森氏によるカーテンのレビューや、メーカー情報を無料で読むことができます。(※アプリ「CLASS1 ARCHITECT PORTAL」のインストールが必要です。)

マンガで学べる建築用語