施工写真 記事を探す
更新日
公開日

屋上緑化の定番セダムの弱点克服!?スナゴケ「ECOKE」

ヒートアイランド対策の屋上緑化植物として、ドイツで良く見られる多肉植物「セダム」が定番ですが、25℃以上の気温下では蒸散しない(=ヒートアイランド対策にならない)という弱点も。25℃を超える夏日が続出する今、工場立地法にもとづく緑地面積の参入に加え、ヒートアイランド対策も見込める建材がほしいといったニーズが生まれています。

そんな中、先日5/24~27の4日間に東京ビッグサイトで開催された「2016地球温暖化防止展」を取材。そこでセダムに代わる「スナゴケ」を使った屋上緑化建材「ECOKE」(塩谷建設、富山県高岡市)を発見!聞くと、約5年の歳月をかけて誕生。環境問題を自分事と捉え、「少しずつでも緑を増やす」との思いがそこには根付いていました。

なぜスナゴケを採用したのか

スナゴケ

断熱材代わりの高強度発泡スチロールの上に生えるスナゴケ

採用された植物はスナゴケということですが、
そもそもスナゴケとはどんな植物なのでしょうか?

調べてみると、次のことがわかりました。

  • シッポウゴケ目ギボウシゴケ科
  • 北半球の温帯から亜寒帯に生息し、マイナス20℃から70℃まで耐える
  • 一ヶ月水をあげなくても雨水で良く、灌水設備も不要。
  • コケなので、土不要。根もない。
  • 伸びても3~5cm
  • 乾燥しても仮眠状態になり、水を与えれば再生する

非常にタフな植物ですね!ついでに緑化によく使われる植物「セダム」「芝」と比較してみました。

スナゴケ セダム類
重量 2.5kg/㎡
(湿潤時13kg/㎡)
40kg/ ㎡~60kg/㎡ 30kg/ ㎡~60kg/㎡
潅水 不要 必要(手動や潅水装置)
季節毎に設定の変更は必要
必要(手動や潅水装置)
季節毎に設定の変更は必要
除草 不要 春・夏・秋(年3回)
雑草が種を落とす前に除去
春・秋(年2回)
雑草が種を落とす前に除去
施肥 不要 春・秋(年2回) 年1回
土壌 不要 必要
(土壌の流出で排水溝が詰まる可能性がある)
必要
(土壌の流出で排水溝が詰まる可能性がある)
病害虫防除 不要 夏・秋 夏・秋
季節による変化 あり
(季節を通して若干変化)
あり
夏は部分的枯損、冬は冬枯れ
あり
夏は部分的枯損、冬は冬枯れ
蒸散効果 あり なし(昼に気孔を閉じ、蒸散をとめるので、昼間に冷却効果が期待できない) あり
踏  圧 弱い 弱い 強い

引用元:アルキ造園設計事務所ホームページ

みると、スナゴケには路圧に弱い欠点も。人通りが激しい場所には不向きですが、人の出入りがない屋上や路面電車の線路部分に向いています。ECOKEの重さは乾燥時8Kg/㎡、湿潤時30Kg/㎡となります。塩谷建設さんは、3,000㎡の休耕地を利用した土地でスナゴケを栽培。栽培期間は約2年。

引用元:塩谷建設ホームページ

折板屋根・トタン屋根にも施工できる

折板屋根に設置できるのもECOKEの強み。専用金具があり、はぜにかしめてとめます。コンクリートの屋上であればピン固定でOK。施工対象は、工場、公共施設・福祉施設、マンション、河川の護岸、法面。これといったメンテナンスも不要。

施工する様子

引用元:塩谷建設 ピースレポート

屋上緑化すると本当に温度下がるの?

屋上緑化をすると温度が下がるのか疑問に思ったので調べました。国土交通省の統計によると、緑化していない「屋上タイル表面」は日中51.7℃まで達したのに対し、「芝生表面」は32.5℃と、19.2℃の低減効果があります。夜間はそれぞれ33.8℃と29.6℃と、4.2℃の低減効果に落ち着くようです。

屋上の緑化効果

引用元:国土交通省 都市局 公園緑地・景観課のホームページ

コケ主体の屋上緑化は3.2%とまだまだ少数派(平成25年時点)

引用元:国土交通省 【全国屋上・壁面緑化施工実績調査の結果】平成26年9月2日

一口に「屋上緑化」といっても、使われる植物は様々。屋上緑化の全施工面積に占める芝の割合が21.2%、セダムが22.8%に対し、コケは全体の3.2%と少数派です。ヒートアイランド対策に貢献する「屋上緑化」もあれば、工場立地法の緑地面積の算入義務を果たすだけの「屋上緑化」も。そこに存在する植物にも注目すれば、さらに一歩進んだ「屋上緑化」に近づくのではないでしょうか。

この建材のポイント!!

こんな施主にオススメ! 屋上を緑化したいし、ヒートアイランド対策にも貢献したい
一番の強みは? スナゴケの生命力が高く、枯れにくい
施工の強みは? 折板屋根にも後付けで取付け可能
リフォーム・リノベ度 ★★★★☆ 4.6
DIY度 ★★★☆☆ 3.0
新築おすすめ度 ★★☆☆☆ 2.0
補助金もらえる度 ★★☆☆☆ 2.3
今回ご紹介した建材メーカー
塩谷建設株式会社
〒933-8545 富山県高岡市石瀬6-1
TEL0766-23-4636
FAX0766-23-7450
WEBhttp://www.shiotani.co.jp/moregreen/
武澤 拓也

武澤 拓也編集長

1985年8月2日生まれ。福井県出身。 電子部品メーカーの経理、Web制作会社の営業を経て、2016年12月より現職にてWebメディアを運営。建材をどこよりもわかりやすく伝えます。
武澤 拓也のプロフィール

最近の記事