施工写真 記事を探す
更新日
公開日

「AJスカイメッシュ」と「虫のイヤがる網」を比較!あなたにピッタリなのはどっち?

「AJスカイメッシュ」「虫のイヤがる網」比較
  • 「AJスカイメッシュについて、もっと詳しい情報があったら良いのに…」
  • 「虫のイヤがる網について、もっと詳しい情報があったら良いのに…」
  • 「AJスカイメッシュが欲しいけれど、虫のイヤがる網も気になる…」
  • 「虫のイヤがる網が欲しいけれど、AJスカイメッシュも気になる…」

網戸の中でも、防虫性能に優れたAJスカイメッシュ」と「虫のイヤがる網」。実際にどちらにしようか迷っている方のために、今回は、この「AJスカイメッシュ」と「虫のイヤがる網」を詳しく比較していきます。

※ 今回の記事ではアルファベット順に、「AJスカイメッシュ」「虫のイヤがる網」の並びにしています。

こんな方にオススメ

  • AJスカイメッシュ」の購入を検討しているが、「虫のイヤがる網」との比較でどちらかに決めたい
  • 虫のイヤがる網」の購入を検討しているが、「AJスカイメッシュ」との比較でどちらかに決めたい
  • 「AJスカイメッシュ」の実際の使用感を写真で見てみたい
  • 「虫のイヤがる網」の実際の使用感を写真で見てみたい

この記事を読むと…

  • AJスカイメッシュ」と「虫のイヤがる網」の性能や特徴を実際に写真で見ることで、より詳しく、わかりやすく知ることができる
  • AJスカイメッシュ」と「虫のイヤがる網」はどちらが自分に合っているか判断できる

「AJスカイメッシュ」「虫のイヤがる網」の仕様を比較

今回比較する網は、エイ・ジェイ・テックス株式会社の「AJスカイメッシュ」とダイオ化成株式会社の「虫のイヤがる網」です。まずはそれぞれの基本情報から。

AJスカイメッシュ

AJスカイメッシュ

メーカー エイ・ジェイ・テックス株式会社
メッシュ
(1インチあたりの縦糸・横糸の本数)
80×80
ホワイト
素材 ポリエステル
サイズ 91cm×2.1m
(長さ50m、100mの長尺サイズも用意可能)
耐用年数 3年
開口率
(網全体に対する空洞部分の割合)
約65%
透光率 80%
購入可能な場所

※「耐用年数」「開口率」「透光率」「購入可能な場所」についての記述は、メーカーへの聞き取りによるものです。特に「耐用年数」「透光率」についてはメーカー参考値であり、保証値ではありませんのでご了承ください。

エイ・ジェイ・テックス株式会社の「AJスカイメッシュ」は、80メッシュという非常に小さい網目が特徴です。

規格サイズは91cm×2.1mですが、他サイズもメーカーのウェブサイトにてお問い合わせすることができます。業者向けとして、長さ50m、100mの長尺のものも扱っていますよ。

商品に触ってみて…
布のように柔らかい感触が特徴的。網目が細かいため、普通の網戸のようなゴワゴワとした感じではなくサラッとした肌触りになっています。従来の「網戸の網」のイメージに革命を起こします。

虫のイヤがる網

虫のイヤがる網

メーカー ダイオ化成株式会社
メッシュ
(1インチあたりの縦糸・横糸の本数)
20×20
  • ブラック
  • グレー
    ※色による性能の違いは無い
素材 ポリプロピレン
サイズ
  • 90cm×2m
    (この記事内では”通常タイプ”と表記しておく)
  • 145cm×2.5m
    (幅広タイプ)
耐用年数 5~7年
(実際購入される方の多くは10年前後使用する)
開口率
(網全体に対する空洞部分の割合)
70%弱
透光率 約70%
購入可能な場所
  • 全国の小売店
    (多くは通常タイプのみの取り扱い。一部の大型店では幅広タイプも扱っている)
  • オンラインショップ
    (通常タイプ、幅広タイプ両方のサイズで取り扱いあり)

※「色」「耐用年数」「開口率」「透光率」「購入可能な場所」についての記述は、メーカーへの聞き取りによるものです。特に「耐用年数」「透光率」についてはメーカー参考値であり、保証値ではありませんのでご了承ください。

ダイオ化成の「虫のイヤがる網」は、網に虫の苦手な成分が練り込まれた網戸ネット。この成分によって「虫を殺さずに遠ざける」ことができ、虫が網戸にとまらず飛び去って行きます。まさに防虫網の新しい形と言えるでしょう。

虫を見るのも嫌だ!という虫嫌いさんの強い味方になってくれそうです。

商品に触ってみて…
「防虫効果のある薬剤を使っている」とのことでしたが、臭いもせず、感触・見た目は通常の張り替え網と同じです。初めて購入して使用する方も安心して使えそうです。

仕様の比較をまとめた

ここで、「AJスカイメッシュ」と「虫のイヤがる網」の基本情報を整理。ぜひ2つを比較しながら見てみてください。

製品名 AJスカイメッシュ 虫のイヤがる網
メーカー エイ・ジェイ・テックス株式会社 ダイオ化成株式会社
メッシュ
(1インチあたりの
縦糸・横糸の本数)
80×80 20×20
ホワイト
  • ブラック
  • グレー
    ※色による性能の違いは無い
素材 ポリエステル ポリプロピレン
サイズ 91cm×2.1m
(長さ50m、100mの長尺サイズも用意可能)
  • 90cm×2m
    (この記事内では”通常タイプ”と表記しておく)
  • 145cm×2.5m
    (幅広タイプ)
耐用年数 3年 5~7年
(実際購入される方の多くは10年前後使用する)
開口率
(網全体に対する
空洞部分の割合)
約65% 70%弱
透光率 80% 約70%
購入可能な場所
  • 全国の小売店
    (多くは通常タイプのみの取り扱い。一部の大型店では幅広タイプも扱っている)
  • オンラインショップ
    (通常タイプ、幅広タイプ両方のサイズで取り扱いあり)

次は、実際に商品を使った比較をしていきます。

「AJスカイメッシュ」「虫のイヤがる網」を使って比較

今回記事を制作するにあたり、それぞれの商品のメーカーさんからサンプルをいただきました。2つの商品の特徴がより分かりやすくなるよう、サンプルを使って色々比較してみましたよ。

「AJスカイメッシュ」、「虫のイヤがる網」のサンプル

こちらは比較用に用意した手作り網戸です。網戸の枠がわかりやすいよう、柄入りのテープで装飾しています。

「虫のイヤがる網」は2色ありますが、色による性能の違いは特に無いとのこと。そこで、今回は「AJスカイメッシュ」の色(=ホワイト)により近い「グレー」の網を使用して比較しました。

比較する6つの項目

  • 通気性
  • 水の通しやすさ
  • 網の見え方
  • 強度
  • 軟らかさ
  • 切りやすさ

それでは、さっそく見ていきましょう。

通気性

網戸で気になるのはやっぱり風通しですよね。まずは網の通気性を比較します。扇風機で風を起こし、網戸にティッシュを貼り付けてティッシュのなびき方を見て測定しました。結果は以下の画像の通り。

AJスカイメッシュ 虫のイヤがる網
「AJスカイメッシュ」の通気性実験 「虫のイヤがる網」の通気性実験

どちらの網も風を通してくれますが、「虫のイヤがる網」を張った網戸の方が、ティッシュが風を受けて大きくなびいているのがわかります。網戸に張った場合、より風を室内に入れてくれるのは「虫のイヤがる網」だと言えますね。

水の通しやすさ

雨水が網戸を通過してお家の中がびっしょり…という経験はありませんか?網戸は風だけでなく、水の通しやすさも気になるはず。

霧吹きを使って、網戸に水をかけてみました。水滴の付き方を見てみましょう。

AJスカイメッシュ 虫のイヤがる網
「AJスカイメッシュ」の水の通しやすさの実験 -1 「虫のイヤがる網」の水の通しやすさの実験 -2

ぜひクリックで画像を拡大して、よく見てみてください。「AJスカイメッシュ」の方が、細かな水滴もガードしていて水を通していないことがわかりますよ。もちろん雨水を全く通さない!というわけではありませんが、「AJスカイメッシュ」は、より水の侵入を防いでくれそうですね。

AJスカイメッシュ 虫のイヤがる網
「AJスカイメッシュ」の水の通しやすさの実験 -2 「虫のイヤがる網」の水の通しやすさの実験 -2

こちらは、水を吹きかけた網戸を今度は外で撮影したもの。より網戸のある日常生活のイメージに近づけてみました。先程と同じく、「AJスカイメッシュ」の方が、より小さな水滴を拾っているのがわかりますね。

このような水滴の付き方を見ると、「AJスカイメッシュ」は雨などの水だけでなく、チリ、ホコリなどのゴミの侵入防止にも役立ってくれそうです。

網の見え方

次に網の見え方の比較です。網の色によって景色の見え方も随分と変わってきますよ。今回実際に外に出て、網越しの景色を撮影してみました。

網の色による比較のため、「虫のイヤがる網」の「ブラック」も入れて比較しました。比較写真はこちら。

AJスカイメッシュ 虫のイヤがる網(グレー) 虫のイヤがる網(ブラック)
「AJスカイメッシュ」越しの景色の見え方 「虫のイヤがる網(グレー)」越しの景色の見え方 「虫のイヤがる網(ブラック)」越しの景色の見え方

AJスカイメッシュ」、「虫のイヤがる網(グレー)」は、網を通すことで景色が霧がかったようにぼやけて見えますね。ちょっとした目隠し効果が期待できそうです。一方で「虫の嫌がる網」のブラックは、網越しに見る景色が若干暗く感じますが、他二つと比べて景色がとても綺麗に見えます。

強度

網戸は住宅の一部になるものですから、網の持つ丈夫さも気になりますよね。実際にカッターナイフで網を傷付けて、強度を見てみました。キズの付き方はどうでしょうか。

AJスカイメッシュ 虫のイヤがる網
「AJスカイメッシュ」の強度実験 「虫のイヤがる網」の強度実験

どちらも同じ強さで、斜め方向と縦方向にキズを入れてみました。

「AJスカイメッシュ」の軟らかい質感はカッターの刃の力を受けやすく、画像からもカッターのキズが見て取れます。一方で、「虫のイヤがる網」はキズが目立ちませんね。より強度があるのは、「虫のイヤがる網」だと言えます。

軟らかさ

網の軟らかさ・伸びやすさは、特にご自分で網を張り替える際、張り替えやすさに繋がる大事なポイントです。

網がやわらかすぎると、網を張る際にハリの強さを均一にするのが難しくなります。一方で、網が硬すぎると網をローラーで挿し込む際に力が必要になり、張替えが難しくなります。

「AJスカイメッシュ」と「虫のイヤがる網」ではどうでしょうか。サンプルを実際に曲げたり伸ばしたりして、感触を比較してみました。

AJスカイメッシュ 虫のイヤがる網
「AJスカイメッシュ」の軟らかさ実験 -1「AJスカイメッシュ」の軟らかさ実験 -2 「虫のイヤがる網」の軟らかさ実験 -1「虫のイヤがる網」の軟らかさ実験 -2

AJスカイメッシュ」の方が、軽く軟らかい質感です。薄い布のようで扱いも自由自在。一方で「虫のイヤがる網」は、より硬くしっかりとした感触です。「すごく硬い!」というほどでもないため、曲げる・伸ばすなどの変形は簡単にできますよ。

切りやすさ

カットのしやすさも、DIYでは重要なポイント。実際に網サンプルをカットして、力加減やほつれなどを比較してみました。

AJスカイメッシュ 虫のイヤがる網
「AJスカイメッシュ」の切りやすさ実験 「虫のイヤがる網」の切りやすさ実験

AJスカイメッシュ」の切りやすさは凄いですね。網を切るのに力が要りません。虫のイヤがる網」は「AJスカイメッシュ」と比較すれば少し力が要りましたが、「切りにくい!」と感じることはなくザクザクと切っていけます。

AJスカイメッシュ 虫のイヤがる網
「AJスカイメッシュ」の切断面 「虫のイヤがる網」の切断面

断面も綺麗に仕上がります。どちらもカットしやすく、張替え時には裁断作業に苦労することも無さそうです。

比較結果のまとめ

この比較結果を簡単にまとめたものがこちら。どちらの網にも個性が出る結果となりました。

比較項目 比較結果
通気性
  • 虫のイヤがる網」の方が、より風を通してくれる
水の通しやすさ
  • AJスカイメッシュ」は細かな水滴もガードホコリ・チリなどの侵入防止の効果が期待される。
室内・室外からの見え方
  • AJスカイメッシュ」、「虫のイヤがる網(グレー)」は景色を霧がかったように見せ、目隠し効果あり
  • 虫のイヤがる網(ブラック)」は、網越しに景色を綺麗に見せる
強度
  • 虫のイヤがる網」の方が強度がある
軟らかさ
  • どちらも軟らかく扱いやすい
  • 特に「AJスカイメッシュ」は布のようでふわふわした感触。
切りやすさ
  • どちらも切りやすい
  • 特に「AJスカイメッシュ」は力が要らずスッと切れる。

あなたはどっち?「AJスカイメッシュ」と「虫のイヤがる網」の選び方

今回は、防虫性能を重視した網である「AJスカイメッシュ」と「虫のイヤがる網」の比較を行いました。どちらにもその商品ならではの特徴が見られましたね。

今回の比較結果を基に、「こんなあなたにオススメ!」という表を作ってみました。張替え網を選ぶうえでぜひ参考にしてみてくださいね。

AJスカイメッシュ
  • 虫だけでなく、小さなホコリ・チリも網戸でガードしたい
  • お家への雨水の侵入が気になる
  • より大きなサイズの網が欲しい方
虫のイヤがる網
  • 網戸に張り付く虫も見たくない!という方
  • より丈夫で長持ちする網を使いたい方
  • 風通しの良い網を使用したい方
  • 網戸越しに外の景色を綺麗に見せたい

自分にピッタリの網は見つかりましたか?新しい網戸で、暑い夏も快適に乗り切りましょう!

※ご紹介した性能は主観的な部分も多く、実際のご利用時の感想とは異なる場合があります。各製品のご利用にあたっては、製品付属の取扱説明書、またはメーカーwebページなどをよくご確認の上ご使用ください。

デザートペア_広告バナー画像

マンガで学べる建築用語