施工写真 記事を探す
更新日
公開日

60分でほぼ消臭!?大谷石から出来た塗り壁材「大谷塗」!!

大谷塗の施工例

Yes, sir!
カタログ三等兵、建材紹介の任務を開始します!

分煙が叫ばれ、喫煙者には厳しい世の中。
ベランダでの喫煙にも「厳しい目」どころか「苦情」が多くなっているようです。
そんな中「自宅でくらい自由に吸いたい!」との要望により喫煙ルームの需要も増えているのではないでしょうか?
今回はそんなせっかくの喫煙ルームで、換気による苦情を受けないよう、消臭効果の高い塗り壁材をご紹介します。

コンセプトは大谷石100%!

大谷石の画像

今回ご紹介する「大谷塗」は大谷石を100%使った塗り壁材です。
販売元のKANEHONさんは江戸時代中期から160年続く石材店。
そんな石材店が作った塗り壁材を知るために、まずは大谷石の性能を見てみましょう。

大谷石の4つの性能

大谷石4つの性能

原料として使われている大谷石の性能は「ホルムアルデヒド吸着能力」「消臭効果」「調湿」「防火断熱性」の4つ。
これらの効果には、大谷石に含まれる天然成分「ゼオライト」が関係しています。

・ホルムアルデヒド吸着能力
市販の珪藻土と比べると、同じ時間での吸着能力は2倍以上!
20ppmだったガス濃度が、市販珪藻土は10ppmですが大谷石は5ppm以下まで下がります。
・消臭効果
濃度100ppmのアンモニアガスを60分でほぼ除去!
市販の珪藻土だと60分では5ppm程度のアンモニアガスの残留があります。
・調湿
市販の珪藻土と比べ、大谷石は4時間後の吸湿量が約2倍!
時間が経過するほどその差は開く一方です。
・防火性、断熱性
石なので当然防火性、断熱性に優れていて、大谷石を100%使った大谷塗も当然防火性が高いです。
不燃材料の認定も取得(認定番号「NM-3250」)しています。

効能を失わない配合を探すのに7年

商品画像

そんなすごい効果を持つ大谷石。
ですが、カビが生えて商品にならなかったりなど開発には大変な苦労があったようです。

きっかけは金属加工会社から大谷石を使った塗り壁の開発を持ちかけられたこと。
開発コンセプトとして「大谷石100%で、効果を失わない」塗り壁材を目指しました。
そして7年の歳月と、名古屋の企業の協力を得てようやく完成です。

用途 内装用仕上げ塗材
材質 大谷石、樹脂
大谷塗の色見本
価格3.3m2(1坪) 7,800円 ~

有限会社 KANEHON 大谷塗ページ → http://www.kanehon.jp/ooyanuri.shtml
お問合わせ 営業時間 7:00~17:00(日曜・祝日、第2・第4土曜定休) → 028-652-0172

旧帝国ホテルにも使われてた大谷石

宇都宮餃子像

私は寡聞にして知りませんでしたが、大谷石は古くから使われていた由緒ある建材でした。
有名なところでは帝国ホテルライト館にも使われています。
他にも、宇都宮駅東口にある餃子像や、宇都宮カトリック教会も大谷石造り。

また、宇都宮市では大谷石を建材として使用した場合の助成金もありました。

大谷塗の施工例としては、JR宇都宮駅西口の「オトワキッチン」や東口の「宇都宮みんみん駅東口店」など。

高い消臭力と深い歴史が落ち着いた喫煙ルームを構成する

シックハウス対策としてホルムアルデヒドの除去を期待する方。
ペットを飼っているから消臭能力を期待する方。
さまざまな期待をする方がいるかと思いマス。
ですが自分がタバコを吸うため、タバコのにおい消しの性能に注目したでアリマス。

ゼオライトの高い消臭力が近隣トラブルを防止。
そして大谷石の深い歴史が、落ち着いた喫煙ルームを構成するでしょう。
そんな喫煙ルームで一服って、ステキでアリマス。

この建材のポイント!!

こんな施主にオススメ! 喫煙ルームが欲しい人、ペットを飼っている人
一番の強みは? 60分でほぼ除去できる消臭力
施工の強みは? 通常の塗り壁材と同じく多彩なパターン、テクスチャーを表現できる
リフォーム度 ★★★★☆ 4
リノベーション度 ★★★☆☆ 3
新築おすすめ度 ★★★★☆ 4
補助金もらえる度 ★★☆☆☆ 2
今回ご紹介した建材メーカー
有限会社 KANEHON
〒321-0345 栃木県宇都宮市大谷町350番地
TEL028-652-0172
FAX028-652-0192
※ お問い合わせの際は「建材ダイジェストを見た」とお伝えいただければ幸いです。
WEBhttp://www.kanehon.jp/
グッチー・ヒゲ

グッチー・ヒゲ三等兵

1983年11月4日生まれ。福井県出身。 2016年3月にライターとして入社。オタク趣味と建材の合わせ技でデザインと機能を分析して記事を書いていきます。
グッチー・ヒゲのプロフィール
第1回高性能建材EXPO

最近の記事