施工写真 記事を探す
更新日
公開日

DIY初心者がやってみた!初めてでも実践できる賃貸マンションのセルフリノベーション方法#1

DIY初心者がセルフリノベしてみた

こんな方におすすめの記事です

  • DIY可能な賃貸物件でDIYして住んでみたい!
  • でもDIYはやったことなくハードル高そうなので、諦めている。

みなさんこんにちは、武澤です。

最近DIYできる賃貸物件も増えてきましたよね。「賃貸 DIY」とGoogleで検索するといろんなカッコいい事例もたくさん出てきます。一方で、

  • 実際はどんな風にDIYしてるの?
  • 建材さえ揃えたら、本当に自分でもできるの?
  • 意外とめっちゃハードル高かったりしないの?

といった、プロセスが気になりませんか?

たしかに素敵な事例は見つかるのですが、「実際にはどうやってるの?実はプロに頼んでたりしないの?」と思ってしまう時もあります。

そこで今回はDIYもできない初心者がやってみたらどうなるのか、実際にマンション一室をセルフリノベーションすることにしました。集まったのは部屋の借り手であるA氏を含む、10~30代のDIY初心者6名。

使用建材には、これまで記事で紹介した建材も登場しますので、実際の施工方法としてもご活用いただけると思います。

記事は今後、数回に分けてお届けしてゆきますので、どうぞお付き合いください。

デザイナーズマンションの一室をセルフリノベします。

マンションのセルフリノベの外観
今回こちらのデザイナーズマンションの一室をセルフリノベします。重量鉄骨3階建て、築12年のデザイナーズマンションです。

中庭もあります。3階へは赤いドアを開け、 階段をのぼり、部屋につきました。

セルフリノベするお部屋

セルフリノベ前
今回リノベするお部屋はこちら。床面積47㎡で間取りは1LDK。家賃は6万円です。

セルフリノベ前の浴室
浴室はガラス張りで、半屋外のウッドデッキもついています。


ちなみに玄関側はこんな感じ。


カーテンを取り外しました。


ガラス張りで、明るく開放感があります。

セルフリノベの内容

今回のセルフリノベは天井・洗面所の壁・ウッドデッキ・床の4ヵ所。大掃除と同じように汚れるのを避けるため、高い場所から低い場所へと進めます。

セルフリノベの鉄則 その1
大掃除同様に、汚れるのを避けるため上から下へと進める。

1.天井にペンキを塗る

当初は天井をぶち抜いて、天井高の部屋にしようという案が出ました。実際に天井上をのぞいてみると、断熱材が敷き詰められた、ひんやりとした空間が広がっていました。

さすがにハードルが高いと判断し、かわりに天井にペンキを塗ることにしました。

それでも具体的にどうすればいいのか、材料は何がいいのかわかりません。

たまたま私の父がその道50年の塗装職人なので、相談してみたところ「素人だけで天井のペンキ塗りは、まず無理」との回答。そこで一緒に教えてもらいながら進めることになりました。DASH村方式です。


どうやら作業手順は6つのようです。捨ててもいい服装で、プラスチックのレンズのメガネはNGということで、当日に臨みました。

1-1. 天井以外にペンキがつかないように、養生シートで保護

カメラを用意する間も与えず、進める父。

天井以外にペンキがつかないよう、壁・床・照明回りなどをテープと養生シートで保護します。まずは天井下がりの壁最上部に、テープをめぐらします。養生シートだけだと、天井に塗ったペンキが壁ににじみ出てゆくためです。

天井塗の養生方法
左から右へ貼っています。脚立からいちいち降りずにすむように、帽子をかぶった彼は進行方向に沿って、前もって置き進めてゆきます。


上から垂らした養生シートと、下からの養生シートがここで出会います。


火災報知器や、天井エアコンの淵にもテープを巻いて養生してゆきます。

みんなでカーテンレールを外す
部屋の反対側にはカーテンレールがついていたので、それも外しておきます。

セルフリノベの鉄則 その2
養生テープからの、養生シート。

ここで使った養生シート

養生シート(ダブルロール)

  • メーカー:酒井化学工業株式会社
  • 商品名:ST塗装シート(ダブルロール)

次回


養生は意外と大変でしたね…。次回はいよいよ塗りスタートです。

第2話はこちらの記事をご覧ください♪

武澤 拓也

武澤 拓也編集長

1985年8月2日生まれ。福井県出身。 最近、横山光輝さんの三国志にはまる。「あっ」「うっ」「ぐえっ」といったセリフのコマが好き。
武澤 拓也のプロフィール
デザートペア_広告バナー画像

マンガで学べる建築用語

記事リクエスト

建材ダイジェスト編集部へリクエストがございましたら、お気軽にお寄せください。