施工写真 記事を探す
公開日

「いろんな木の床比べっこ」コーナーで、気づいたこと。

いろんな木の床比べっこのアイキャッチ-min

こんばんは、武澤です。

建材専門の展示会(建築建材展など)にはよく行きますが、一般施主向けの住宅展示会には足を運べておらず、前々から一度行ってみたいと思っていました。

弊社がある福井県にも住宅展示会が開催されており、福井のエリアマガジン誌 月刊URALAが主催する「ふくい家づくりEXPO」にネタ探しも兼ね行ってみました。

行ってみるとやはりネタは見つかるものですね、そこで6つの木の床材を比較しているコーナーを見つけました。

いろんな木の床比べっこセカンド-min
実際の様子はこのような感じで、家族連れにも盛況です。私も比べっこしてみようと、実際に裸足で歩いてみると床には6つの木が使われていました。

実際に貼られていた木は次の6つです。

1. ピンカド

1.ピンカド-min
落ち着いた風合いで、高級感もありますね。色合いも均一でなく、自然らしさを味わえる樹種だと感じました。

2. すぎ(あか)

2.すぎ(あか)-min
ほかの木と比べて、年輪がはっきり見える木材と気づきます。

3. バーチ(樺)

3.バーチ(樺)-min
塗装の影響かもしれませんが、美しい光沢が特長でした。

4. チェリー(サクラ)

4.チェリー(サクラ)-min
遠くから全体的に見るとピンク色に見えたり、近くでみると淡いチョコレート色に見えたりと、多彩な色味が特徴でした。

5. ナラ(オーク)

5.ナラ(オーク)-min
重厚感たっぷりです。

6. ひのき

6.ひのき-min
王道すぎるせいか、他木材と比べると今回はあまりインパクトを感じませんでした。

気づいたこと:6つ全部使った床デザインがおもしろい


思ったのは、どれか1つ選ぶのもいいのですが、この6つ全部使った床デザインがおもしろいということ。

6つの木を使ったフローリングに乗った風景
木どうしの相性、反りの問題、施工手間が増える、贅沢だ、などいろんな問題はあるかもしれませんが、特設コーナーに実際にあがって見えたこの風景は惚れますね。床一面分の材料はないけど、”床1/4面分”なら活用できる材料も呼び起こせるのでないでしょうか。

ちなみに以前5種の国産広葉樹をつかった50センチ角のフローリング商品を紹介しましたが、このフローリング版のようなイメージに近い感覚です。(記事もよければご覧ください)

「どの木がいいのか1つ選ぶ」or「どれも使っちゃう」の選択ができると施主としては嬉しいと私は思います。

もし複数の樹種で床張りする施工や現場があれば、ぜひ取材させていただきたいです。情報提供も、Facebookコメント・個別メッセージにてお待ちしています。

▼取材させていただいたイベント
ふくい家づくりEXPO

▼イベント主催元
株式会社ウララコミュニケーションズ

武澤 拓也

武澤 拓也編集長

1985年8月2日生まれ。福井県出身。 電子部品メーカーの経理、Web制作会社の営業を経て、2016年12月より現職にてWebメディアを運営。建材をどこよりもわかりやすく伝えます。
武澤 拓也のプロフィール

こちらの記事もおすすめです。

最近の記事

  1. 2017.10.19
  2. 2017.10.17
  3. 2017.10.16
  4. 2017.10.15
  5. 2017.10.14
  6. 2017.10.13
  7. 2017.10.10
  8. 2017.10.08
  9. 2017.10.07
  10. 2017.10.05