施工写真 記事を探す
公開日

VRを使った「仮想取材サービス」を4月1日より開始します

取材開始

みなさんこんにちは、編集長です。

私事になりますが、取材をするって結構ハードなんですよね…。

  • 移動するのに時間がかかる
  • 交通費がかかる
  • タイミングを逃すと取材できない
  • クライアントの時間・手間を取ってしまう

などなど、弊社ではこのような問題を抱えていました。

そんななか今回建材ダイジェストでは今流行りのVRを使った「仮想取材サービス」を始めます!

仮想現実で取材する「仮想取材」サービス

HMD
そのサービスの鍵を握るのが、このヘッドマウントディスプレイです。右目用と左目用、2つのディスプレイがあって立体的な映像が見える装置です。この装置を使うことで「仮想取材」ができます。もう私にとっては「どこでもドア」代わりです。

HMDかぶる編集長

こうやってかぶれば、目の前にはバーチャルリアリティ(VR:仮想現実)の世界が!
わはは、かんたんですな!!

そう、現実世界ではなく仮想現実で取材ができるようになるサービスなんです!!
※仮想現実空間の構築は、取材を受ける企業にお願いしています。

仮想現実はこんな感じ

看板
今回は仮想現実の世界で開催される建材展(VR)を取材してみたいと思います。ヘッドマウントディスプレイをかぶれば、目の前はすでに東京のイベント会場。福井から東京が一瞬です。

イベント会場内
さっそく仮想現実のイベント会場を練り歩いてみましょう!新しい建材・おもしろそうな建材がたくさんあります♪今年も多くのメーカーがブースを出していますねぇ。

仮想現実のイベント会場には閉館時間もありません。データがあるので、終わってしまった過去のイベントにも参加可能!自分の好きなタイミングで、24時間いつでも・どこでも・何度でも取材ができます。取材を受ける企業側の負担もゼロ。

撮影開始
実は私が持っているこのカメラ、VR対応の特注品。ヘッドマウントディスプレイの仮想現実とリンクしており、ちゃんと仮想現実の世界の写真が撮れるんです。仮想現実のブースにいる商品説明担当者(AI)に、簡単な説明を聞いてサンプルの写真を撮っています。

360度どんな角度からでも人目を気にせず取り放題であります!!

VRで撮影した写真
こちらが仮想現実で撮影した壁紙の写真。すごくリアルに撮れてますよね。これなら記事内で問題なく使えるクオリティです。

取材開始
しっかり写真を撮ったら、仮想空間内にいる商品説明担当者(AI)に詳しい商品説明を聞きます。付けているヘッドセットもコミュニケーションをとるための必需品です。

取材開始2
こちらの「ボイスレコーダー」は……特注品ではありません。いつもの取材のクセが出て、ついやってしまいました。さきほど紹介した特注のヘッドセットを使えば、電話を録音するように音声データも残せます。

こうして取材は一通り終了。本来であれば、東京のイベント会場から約4時間かけて福井の編集部に帰りますが……

執筆
ヘッドマウントディスプレイをとれば、そこはもう東京ではなく会社。すぐにPCに向かって、記事作りを開始できます。
記憶の新しいうちに記事にできるのは、編集部にとって大きなメリットですね。聞きそびれたことがあっても、ヘッドマウントディスプレイをかぶれば追加取材できますし、安心です。

そんな取材する側・される側どちらにとっても便利な新サービスが、4月1日(本日)より開始です!

……ちなみに

ダラッとした取材
仮想現実での取材なので、現実世界ではこのようにリラックスしていても問題なし。すばらしいサービスですね!





ごめんなさい!今日はエイプリルフール!

ちゃんとした取材

【※】これはエイプリルフール記事です。実際に「仮想取材」サービスは開始しません。

実際に取材する場合は現場・ショールーム・イベント会場などにお伺いさせて頂き、誠心誠意取材させて頂きます。

実は今、建材ダイジェスト1周年記念の「割引キャンペーン」実施中で、通常有料のPR記事制作サービスが基本無料、広告掲載もめっちゃ割引しています(2017年4月1日〜4月30日お申込分)。

ぜひこの機会にご利用ください。
詳しくはこちら(電話番号0776-63-5780お問合わせフォーム)。

今後とも建材ダイジェストを何卒よろしくお願い致します。

去年のエイプリルフール記事もよければご覧くださいね♪

以上、編集長でした~。

グッチー・ヒゲ

グッチー・ヒゲ三等兵

1983年11月4日生まれ。福井県出身。 2016年3月にライターとして入社。オタク趣味と建材の合わせ技でデザインと機能を分析して記事を書いていきます。
グッチー・ヒゲのプロフィール
日本一ニッチな建材屋、カントリーベース

最近の記事