施工写真 記事を探す
更新日
公開日

あえて炭化させて耐久性を増し、塗装にはない黒さを醸す「焼杉板(特一等材)」

焼杉板 磨き

突然ですが、この写真をご覧ください。黒くてカッコいい外壁ですよね。

焼杉板の施工例1

by 焼き杉の外観 – 笑の輪  ~えみのわ~

この外壁はお施主さんが一枚一枚自分で焼いた「焼杉」です。真似したいと思っても、自分で焼くのはなかなか難しいので売っている所を探しました。

焼杉:内外装用「焼杉板」の販売 | シンリン共同株式会社
http://www.shinrinkyodo.co.jp/sugi6.html

この「焼杉板(特一等材)」は表面をバーナーで焼く昔ながらの方法でつくられています。黒い見た目が特徴ですが、炭化させることで紫外線から守られ耐候性・耐久性が増しています。表面の違う3種類があり、磨きという黒くなった杉板がこれ。最初の写真の板に一番近い物です。
焼杉板 磨き2

2つ目は表面が焼いた直後のような炭付きです。
焼杉板 炭付

3つ目は浮造りという、木目だけが黒くなった表面です。これもちゃんとした焼杉板ですよ。
焼杉板 浮造り

実際の家に使われると古い日本家屋の趣が出ます。
焼杉板 施工例1

現代風のデザインで使われた例でも、違和感がありません。むしろ塗装で黒い訳ではないのがカッコイイ印象です。
焼杉板 施工例2

夜になると見え方が変わり、昼のときより壁が明るく感じます。
焼杉板 施工例3

外壁だけでなく塀にも使えますよ。
焼杉板 施工例4

価格は一束5,600円(税別)からで、平米単価だと1,723円からになります。炭の微粉による汚れを抑え黒色を鮮明にする塗装を、一束当たり3,300円で行ってくれます。
焼杉板 価格表

日本の伝統的な建材ですが、最近では耐候性・耐久性と深みのある独特の黒色が海外でも人気のようです。純和風の家だけでなく、洋風デザインの家にも合うので頷ける話ですね。(世界に広がる日本の伝統的外装材「焼杉」の魅力)

この建材のポイント!

こんな施主にオススメ 塗装では出せない深みのある黒い外壁にしたい人
一番の強みは? 焼いた事による黒い見た目と耐候性・耐久性
施工の強みは? 普通の杉と同じ取り扱いでOK

編集部レビュー

リフォーム・リノベ度 ★★★★☆ 4.0
DIY度 ★★☆☆☆ 2.0
新築おすすめ度 ★★★★★ 5.0
補助金もらえる度 ★★☆☆☆ 2.0
今回ご紹介した建材メーカー
シンリン共同株式会社
〒693-0004 島根県出雲市渡橋町994-1
TEL0853-23-6988
FAX0853-23-6988
※ お問い合わせの際は「建材ダイジェストを見た」とお伝えいただければ幸いです。
WEBhttp://www.shinrinkyodo.co.jp/
グッチー・ヒゲ

グッチー・ヒゲ三等兵

1983年11月4日生まれ。福井県出身。 2016年3月にライターとして入社。オタク趣味と建材の合わせ技でデザインと機能を分析して記事を書いていきます。
グッチー・ヒゲのプロフィール

こちらの記事もおすすめです。

最近の記事

  1. 2017.10.19
  2. 2017.10.17
  3. 2017.10.16
  4. 2017.10.15
  5. 2017.10.14
  6. 2017.10.13
  7. 2017.10.10
  8. 2017.10.08
  9. 2017.10.07
  10. 2017.10.05