施工写真 記事を探す
更新日
公開日

光熱費を気にする施主への新兵器! 遮熱材「rFOIL」

建材展rfoil

施主としては、やはり自分の為を思って色々と提案してくれる工務店がいいに決まっています。そこで、いつもと違う提案の一つとして、遮熱材「rFOIL」があります。

遮熱材は断熱材と一緒に使う事で、より室内を快適にすることができます。
これからのリフォームや新築提案の武器として、オススメの一品です!

遮熱材、実は光熱費削減のキープレイヤー!

「夏ですと、屋根裏の温度が50℃くらいまで上がるんです。そうすると、断熱材が熱を蓄熱してしまって、その熱を放出するんです。そのため、いくら冷房を使ってもなかなか冷えない。断熱材が暖まってしまっているからです。」(Genex LLC:担当者Yさん)

「日本は遮熱に対する情報が少なく、知らない人が多い。実際、ここ23年でrFOILへのお客さんの理解も進んできました。rFOILは、断熱材を一緒に使うことで、より効果を高める事ができます。」(Yさん)

初期コストはかかるものの、冷暖房費の節約提案につなげられる商品といえます。ちょっとした提案ですが、施主にとっては嬉しい提案になると思います。

使う場所は、一番日差しを受ける屋根がオススメ!

屋根施工

屋根が一番日差しを受ける場所なので、屋根に使うのが効果的です。

「屋根がおすすめですが、壁内にも入れても使えます。」(Yさん)

軽く、はさみでカット可能

ペラリ

表面はアルミで、中はエアーキャップ。保冷バッグに使われている物を想像するとわかりやすいでしょうか。重さも軽く、はさみやカッターで簡単にカットできます。タッカー留め、釘打ち、接着もとっても簡単です!

外

外からの熱をはねかえす必要があるので、はるのは断熱材の外側です。

まとめ

遮熱材と断熱材を一緒に使うことで光熱費が削減できることを、ほとんどの施主は知りません。ぜひ一歩先を進んだ提案にご活用ください!

商品詳細

注文最小ロット 1本
価格 21,500円/1本(480円/㎡)
寸法 幅1.2m×長さ38m×厚み8mm/1本(46.48㎡=約14坪)
幅1.2m×長さ38m×厚み4mm/1本(46.48㎡=約14坪)
形状 両面アルミ箔シート張+ダブルバブル(厚み8mmの場合)
両面アルミ箔シート張+シングルバブル(厚み4mmの場合)
使用可能温度範囲 -45℃〜82℃
曲げ柔軟性 ひび割れを認めず
水分透過率 透過を認めず
熱反射率 97%
熱放射率 3%
耐候性 93℃/7日間で変化を認めず
収縮率 0%
菌抵抗性 成長を認めず
熱抵抗値 0.219㎡・k/W
熱貫流率 4.566W/㎡・k

《商品についての質問・お問い合わせは下記にご連絡ください》
ナータッグ・ビルディングサプライ株式会社「rFOIL」(施工要領についても掲載されています。)
お問い合わせ先:045-475-0711

今回ご紹介した建材メーカー
ナータッグ・ビルディングサプライ株式会社
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門3-1-30-1705
TEL045-475-0711
FAX045-475-0731
※ お問い合わせの際は「建材ダイジェストを見た」とお伝えいただければ幸いです。
WEBhttp://www.nahtag.co.jp/

小林 智美施主代表

施主側の目線から「良いな」と思った建材を分かりやすく紹介していきます。施主としての視点から気になる建材に飛びついていきます!
小林 智美のプロフィール

第1回高性能建材EXPO

最近の記事