施工写真 記事を探す
更新日
公開日

OK-DEPOTの国産自然塗料「ロハスオイル」を実際にぬってみた

ロハスオイル塗ってみた

先日記事にしたOK-DEPOTの「ロハスオイル」を実際に塗り、特長の速乾性と低臭性を実際に確かめてみました。

国産オイル自然塗料 【LOHAS OIL(ロハスオイル)】
http://lohasoil.jp/

準備物はこちら。塗る木材(パイン)、サンドペーパー、ロハスオイル、混ぜる棒です。写真には映っていませんが、他に木材(桐)、ウエス(布)、手袋を準備しています。
1

さっそく一番人気のミディアムブラウンを塗ってみましょう。
2

木材表面の汚れを落とし、塗料の乗りをよくするためにサンドペーパーをかけます。
3

缶のフタを開けます。
4

缶の底に沈殿物があるので、塗る前にしっかりかき混ぜます。ミソを溶くような感じで、あまり硬くはないです。
5

塗料特有のイヤな臭いはありませんでしたが、まったくの無臭ではありません。ずっと嗅ぎ続けてもツーンとならない、そんな感じです。
6

ウエスにつけて、
7

ある程度力を入れながら塗っていきます。
8

木目に沿って塗ると色が乗りやすいですね。
10

塗った直後はこんな感じ。
11

5分〜10分乾燥させます。その後、きれいなウェスで余分な塗料を拭き取ります。
12 13

仕上がりはこんな感じ。「すっと染みわたる」そんな感じの色の付き方という印象。
14

今度は桐にも塗ってみます。
15

表面をヤスリで磨き、
16

混ぜてウエスにつけ

塗っていきます。

パインと桐では濃さが違うように見えます。桐は柔らかい分、表面に染み込みやすいからかも。
19

指でなぞるとちょっとつきます。ここから1時間乾かしてみます。
p1140335_r

その間にターコイズブルーも塗ってみましょう。
20

ウエスで塗ります。

左がパイン材で右が桐。やはりこちらも桐が濃い印象です。23

1時間経った後のパイン材(左)と桐(右)です。ちなみに推奨の乾燥時間は12時間。
img_8986_r

img_8985_r

パインと、img_8983_r

桐です。
img_8982_r

パイン材の裏側にホワイトを塗ってみました。img_8980_r
木目も透けてマッドな風合いですね。img_8981_r

こちらは赤色。
img_8987_r

塗った5〜10分後にきれいなウェスを拭き取る工程が重要で、それを省くと乾燥時間が遅くなり1時間経過しても手に付きました。

実際にやってみると絵具感覚で楽しめました。無臭と速乾性能がそう感じさせたのかもしれません。DIYerから塗装業者まで一度その速乾性と低臭性を体感してみてはいかがでしょうか。

ちなみにメーカーの施工マニュアル動画もありますので、参考にどうぞ。

この建材のポイント!

こんな施主にオススメ 無垢材を簡単に手入れしたい&かわいくしたい
一番の強みは? 安心・安全な自然素材にこだわっている
施工の強みは? 1回塗りで速乾、低臭

編集部レビュー

リフォーム・リノベ度 ★★★★☆ 4.0
DIY度 ★★★★★ 5.0
新築おすすめ度 ★★★☆☆ 3.5
補助金もらえる度 ★☆☆☆☆ 1.0
今回ご紹介した建材メーカー
OK-DEPOT
〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町3-25
TEL048-637-3235
FAX048-644-7309
※ お問い合わせの際は「建材ダイジェストを見た」とお伝えいただければ幸いです。
WEBhttp://lohasoil.jp/
グッチー・ヒゲ

グッチー・ヒゲ三等兵

1983年11月4日生まれ。福井県出身。 2016年3月にライターとして入社。オタク趣味と建材の合わせ技でデザインと機能を分析して記事を書いていきます。
グッチー・ヒゲのプロフィール

こちらの記事もおすすめです。

最近の記事

  1. 2017.10.21
  2. 2017.10.19
  3. 2017.10.17
  4. 2017.10.16
  5. 2017.10.15
  6. 2017.10.14
  7. 2017.10.13
  8. 2017.10.10
  9. 2017.10.08
  10. 2017.10.07