施工写真 記事を探す
更新日
公開日

サッシの溝に雨水が溜まらない? 三協アルミの「アルジオ」

アルジオの施工イメージ画像

去年の台風の発生数は年間27件でした。
近年では異常気象や自然災害の増加による不安が高まっていることと思います。
特に梅雨に雨が降ると大雨になりやすい九州の方は不安が大きいのではないでしょうか?
そこで高い耐風圧性、水密性を持った三協アルミさんの「アルジオ」です。

その性能は中高層ビルでの使用に耐えられるほど!

アルジオの施工事例写真

この商品は「マディオ」シリーズの後継であり、安心度と快適性を高めた高性能サッシの位置付けです。
マディオの耐風圧性、水密性がそれぞれ「S-3」、「W-4」だったところをアルジオはどちらも一つ等級を上げ「S-4」、「W-5」となっています。

アルジオはダブルホロー形状により耐風圧性能アップ

耐風圧性はどのくらいの強風までサッシが変形したり、ガラスが破損せず耐えられるかを表します。
風速で言うと57m/sの風であり、去年9月の台風21号にも耐えられる性能です。
ダブルホロー(内側に2つの中空があるタイプ)形状により強度をあげたとの事。
さすが、ゲリラ豪雨などの異常気象に負けないサッシとして開発されただけはあります。

アルジオは水溜め部分と排水口の大容量化により水密性アップ

水密性とは漏水に対する安全度ですが、ただの水漏れと違い、風を伴った雨のときに雨水の浸入をどの程度防げるかを表します。
「W-4」だと、風速20~35m/sの雨風でも雨水が下枠から侵入することが無い、ということですね。
この大きい水溜め部と排水口により強い雨風でも浸水しない構造になってるんですね。

これから台風が増える時期です。
強い台風が来てから慌てるより、今から備えをされてはいかがでしょう?

ハイスペックサッシ アルジオ
引違い窓/引違い窓 フラットレールタイプ(商品仕様)

基本性能

耐風圧性 S-4等級(JIS等級)
※サイズにより異なります
気密性 A-4等級(JIS等級)
水密性 W-5等級(JIS等級)
※サイズにより異なります
遮音性
性能表示制度 等級2(型式認定)
ガラスの仕様例:複層ガラス 3+A 16+3mm
性能表示制度 等級3(型式認定)
ガラスの仕様例:網入り複層ガラス 3+A 16+6.8mm

ガラス仕様

総ガラス厚 22mm ~ 30mm
ガラス溝幅 32mm
ガラスのみ込み 12mm
グレイジングガスケット グレイジングチャンネル(別途手配)

基本構成材質

断熱枠 室外側 アルミ形材、アルミ断熱形材
室内側 硬質塩ビ樹脂形材
断熱障子 室外側 アルミ形材
室内側 硬質塩ビ樹脂形材
今回ご紹介した建材メーカー
三協立山株式会社
〒933-8610 富山県高岡市早川70
TEL0766-20-2332
FAX0766-20-2032
WEBhttp://alumi.st-grp.co.jp/products/window/algeo_special/
グッチー・ヒゲ

グッチー・ヒゲ三等兵

1983年11月4日生まれ。福井県出身。 2016年3月にライターとして入社。オタク趣味と建材の合わせ技でデザインと機能を分析して記事を書いていきます。
グッチー・ヒゲのプロフィール
日本一ニッチな建材屋、カントリーベース

最近の記事