施工写真 記事を探す
公開日

【コーカイ日誌:第7話】ホットプレートで焼き肉すると、リビング階段が○○に…

リビング階段

今回の取材でお伺いしたOさん宅は、3世代7人家族の仲良しファミリー。

ご両親世代と同居することになって2世帯住宅を新築。それまでにご両親の家も含めると4回の家づくりを行ってきたという、実に家づくりのベテランファミリーともいえるご家族なのです。

ということで、その家づくりは今までの経験を生かして家族全員の要望を完璧にクリアした家を完成できたと思っていたそうです。ある『事態』に出くわすまでは・・・

今回のコーカイ:リビングダイニングの換気力が弱い…


その『事態』を説明する前に、まずは、その家づくりの最大のポイントをご紹介すると、3世代家族ならではの”にぎやかさ”ともいえる「リビングダイニングを中心としたレイアウト」にあります。

1階に設置されたリビングダイニングに面して2階への階段を設置。

これは、家族のコミュニケーションを大切に考えた配置で、いつでも誰かがいるリビングに家族が声を掛けあったり、存在感を感じられるようにという願いが込められているのです。

特にお子さんが多感な時期に、「声を掛け合いたい」という親御さんやおじいちゃんおばあちゃんの願いで実現したレイアウトですが、その甲斐あってか、3人のお子さんは順調に成長しました。現在は上のお二人は県外へ就職し離れているものの、「今でも仲良しですよ」とOさんご夫婦は笑顔で答えてくれました。

そんな仲良しファミリーにある日想定外の『事態』が起こってしまいます。

それは、ある日の夕飯の出来事。家族全員揃って、新居へ引っ越しして初めてホットプレートを使用してダイニングテーブルで焼肉を楽しんでいると、なんとその煙が、リビングに面した階段を伝ってどんどん2階へ上っていくということに。

つまり、リビングに面した階段が煙突状態になってしまったのです。

リビング
キッチンの換気扇も稼働しても、リビングに設置された高気密住宅ならではの強制換気システムが働いていても、テーブルからの煙は、階段から二階へ上っていくのです。

これは、1階の蓄熱式暖房の空気の流れと同じことなので仕方ないといえば仕方ないのですが、Oさん宅ではこのあとホットプレートを出すときには2階の部屋を全部閉めなきゃと、かなりナーバスになってしまったそうです。

今回の気づき:高気密住宅では、ダイニングでの強制換気を検討する必要あり!

庭やテラスでバーベキューは問題なしですが、寒い時期になるとどうしても室内でホットプレートでという話になってしまいます。家族団らんに欠かせないメニューでもありますから、そのメニューをやらないようにしようでは少し寂しい気もします。

  • 高気密住宅では、ダイニングでの強制換気を検討する必要あり!

高気密住宅では、空気の流れを重視して設計されており暖房や冷房効率が最優先されているため、ダイニングでの強制換気にはあまり対応していないのが現実です。ホットプレートや煙が出るような料理は強制換気ができるキッチン内などで行うか、新たにダイニングテーブル上部などに強制換気システムを設置するなどの対策が必要です。

クーキレイ

引用元:cookiray(クーキレイ) | 空気を清浄するダイニング照明
引用日:2017年6月6日

ちなみに最近ではお家焼き肉の排煙対策として、空気を清浄するダイニング照明も登場しています。こちらも試してみたいですね~。

お家焼き肉のにおい・煙対策を知ってる方、ぜひFacebookコメント等で教えてください~!

参考:今回のお家

家族構成

3世代7人家族

  • Oさん(50歳)ご夫婦、お子さん3人
  • Oさんのご両親

建物

  • 築年数:約10年
  • 坪数:約70坪
  • 高気密高断熱住宅、オール電化、蓄熱式暖房システム設置
  • 1階:リビングダイニングキッチン、和室(仏間)、ご両親の部屋
  • 2階:夫婦の部屋、子供部屋×3室、納戸
武澤 拓也

武澤 拓也編集長

1985年8月2日生まれ。福井県出身。 電子部品メーカーの経理、Web制作会社の営業を経て、2016年12月より現職にてWebメディアを運営。建材をどこよりもわかりやすく伝えます。
武澤 拓也のプロフィール
日本一ニッチな建材屋、カントリーベース

最近の記事